らいおんハートの「ことばのデイ」のご案内

言語障害・嚥下障害をお持ちの方に日本一寄り添い伴走できる環境を作りたく、らいおんグループではことばのデイケア・デイサービスを平成22年から運営しております。介護保険で言語療法が受けられる環境はまだまだ少ないものですが、言語障害は長きにわたって改善する病気です。また、会話をできる仲間とともに歩むことでお気持ちがポジティブになられ、リハビリや生活に前向きに取り組まれる方が多いです。嚥下障害は肺炎を起こさないように元気な時期からの予防的リハビリが非常に大切です。言語療法・摂食嚥下療法が当たり前の地域づくりを目指して、当グループは努力して参ります。

 

 

ことばのデイケア

言語障害の専門的な通所リハビリテーション施設になります。言語聴覚士による個別リハビリやグループ訓練はもちろん、Weチャレや年に1回のらいおん十色など色々な試みを行い、言語障害の方の総合的な自己実現のためのサービスを目指しています。リハビリテーション会議を行いご本人様やご家族様、ケアマネージャー様など関連する皆様と一緒に目標設定やリハビリのプランを立てることもできます。また嚥下内視鏡検査が院内でできる環境を整えており、客観的な評価を行ない嚥下訓練のプランを立案することができます。

 

 

ことばのデイサービス

言語障害の方のための通所介護施設です。言語聴覚士による専門的な個別訓練、グループ訓練はデイケアに準ずるレベルで提供させて頂きます。フロアでは言語障害をお持ちの方でも会話や交流の輪に参加できるようスタッフ全員で支援させていただきます。嚥下障害の方には訓練はもちろん、食事場面の評価などをもとに食事のアドバイスも行わせて頂きます。