サービス提供の流れ

サービス提供の流れ

サービス提供の流れ

個別リハビリの内容

◎失語症の訓練

失語症の訓練脳卒中などの後遺症で、失語症がおありの方が対象です。
「聴く・話す・読む・書く」に対するリハビリテーションを行います。言語の理解・表出の訓練はもちろん、ことばでの表出が難しい方にはジェスチャー表出や、書字訓練、コミュニケーションノートを使用した表出手段確保の練習もします。

◎構音障害の訓練

構音障害の訓練脳卒中や難病などで、構音障害がおありの方が対象です。

発声を大きな声で長く行う訓練、はっきりとした発音で話す訓練、声が鼻漏れせずしっかり出るような訓練、抑揚をつけてわかりやすく話す訓練、ごにょごにょせずゆっくりと話す訓練などを行います。

◎嚥下障害の訓練

嚥下障害の訓練様々な原因で咀嚼や飲み込みが難しくなるなど、嚥下障害のある方が対象です。

のどの筋力を鍛える訓練はもちろん、咀嚼に使用する口腔器官の運動訓練・発声や歌唱も飲み込みの改善につながります。必要に応じて、院内のリハビリ医と連携して嚥下内視鏡検査を実施し、客観的な評価に基づく訓練実施や、食事形態のアドバイス等を致します。

◎高次脳機能障害・認知症の訓練

認知症のリハビリ
認知機能をお調べして、注意・思考・記憶など様々な高次脳機能障害に対するアプローチを行います。

グループ訓練の内容

コミュニケーションにおける目標別のグループ訓練を行います。

グループ訓練の内容

1日の流れ

ことばのデイ 1日の流れ